読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当日ネイバ表展はまだまぶしいの時に

当日ネイバ表展はまだまぶしいの時に、上海のスウォッチ平和ホテル芸術センターは芝居を上演して時計、主役は他人ではなく、まさにスウォッチグループ旗艦ブランド――オメガ。だから、グループCEOの海耶克さんとあいさつをしなくても、私たちに疑いの船のボリューム、かえっていっそう明確オメガ市場への影響力や市場は、オメガの愛顧性。製品は双方向関係ではなく、当日発表する「尊覇」は、この絆において、今、過去と未来の意味を。今時計市場の不振はみんなを見たくないのだが、知り抜く執スイス時計業牛耳の大ブランドの動きはとりわけ重要な、少しも誇張しない言うこと、それらの製品戦略にもなる業界の脱いい薬。筆者は「尊覇」はこの類の良薬で、名称を初めて聞いて感覚と超霸、海馬平行シリーズに属して、実は以前の経典――星座シリーズの子シリーズは、表の名称はGLOBEMASTER、直訳世界大師、特に時計ブランドのグローバル化の今日、私たちは確かにもっと普遍の更質素な腕時計。「普世」は「普遍的」という言葉がありますが、良薬は口に苦し、苦くて、苦くて、その価値を未来に裏付けることができるのです。